2016年04月26日

新型インプレッサ登場!!!

  おそらく誰もが感じるであろう素朴な疑問なんですけど、「年内に新型プラットフォームに刷新します!」なんて早々と発表してしまっても営業的には差し障りはないのでしょうか? しかも「欧州車を完全に凌駕」というくらいに強烈な自信を伺わせるプレスリリースまで出てしまってます。それを知りつつも現行モデルを選ぶ人は一体どういった心境なのか気になるところです。ユーザーによっては「新型はどうせ値上げされるよ!」といった悲観か、あるいは「今なら値引きを頑張ってくれるはず!」とかいった期待をするのでしょうか。

  スバルの場合は他メーカー供給あるいはコラボのクルマ以外は共通プラットフォームになると合わせて発表しているので、年内に発売されるインプレッサはともかく、新型プラットフォームが採用されるレガシィ、レヴォーグ、フォレスター、エクシーガ、XVの今後の販売にも大きな影響を及ぼしそうな気がします。フォレスターはともかく、ほかの4台はまだまだフルモデルチェンジ(あるいはデビュー)してから日が浅いですし、もしかしたらMQB採用時のVWゴルフの6→7のように、異例に短いスパンでの刷新もあるのかな・・・。

  北米市場でのスバルはVWの一つ上である「8位」がほぼ定位置になりました。上には米ビッグ3と日系三大と韓国の主力7グループがあって、その下に位置するドイツ3強とマツダを相手にする中堅の争いで、頭一つ抜け出した格好です。グローバルで年産100万台が限界のスバルの能力なのに、60万台近くがアメリカであっさりと売れてしまってクルマが無い!!!という嬉しい悲鳴だそうで、年間10万台がやっとの日本市場が半減したとしても、全体で見ればちょうどいい「生産調整」なのかもしれません(国内ディーラーは堪ったもんじゃないが・・・)。

  さて新型インプレッサがいよいよ公開されました。良くも悪くも・・・どこから見ても見事なほどにキープコンセプトで「スバルらしいデザイン」です。フロントマスクはもちろん、セダン(G4)だったらサイドのやや武骨な造形が、他の同クラス車とは違う、直線的なスタイリングで、これがとてもシャープに3BOX車の輪郭を示していて好印象です。他のメーカーですが、初代プリメーラや初期のアウディA4を彷彿させるなかなか力強い面構成!!!と肯定的に捉えていいんじゃないでしょうか・・・。セダン好きなら嫌いじゃないはず!!!

  世界のセダンのトレンドは、個人的には全く気に喰わないのですが、どうやら5ドアハッチへと次第に移行しているようですね。北米でもパナメーラなどの高級セダンから、フュージョン(フォード)などのミドルサイズから、販売シェアでインプレッサよりも大きく先行するシビックやカローラなどのスモールセダンに至るまでリアにはハッチゲートを備えるクルマが増えています。その中でスバルは?レガシィもインプレッサも独立型トランクにこだわっているようです。

  スバルには少々失礼な話ですが、インプレッサのハッチバックやG4のプロトモデルを見る限りでは、デザインに定評があるマツダ車に共通して見られるクルマ全体のデザインをバランス良く仕上げる手法を上手く取り入れてきているように感じます。自動車産業は一定規模のメーカーによる寡占状態が続くようになって、デザイナーの分業化が進み、さらに採用出来るデザインに対して、製造部門が許容できる範囲を守る事が課せられて、チーフデザイナーがデザインで発揮できる自由度は少なくなっているのだとか・・・。その制約を感じさせないようなデザインが作れるか?たった一人の職人が自分の理想のデザインのクルマを組み立てていた60年くらい前にさかのぼったクラシックカーのような、強い個性を持った一体感ができてきています。

  マツダやスバルに限らず最近の日本車には、なかなか優れたデザインが多いです。まあ文句をつける人もいるでしょうけど、ヴェゼルもパッソ(新型)もとてもよくまとまってます。逆説的に言うと、日本市場ってのは世界のどこよりもデザインにウルサイですから、ある程度人気になるクルマはどれもデザインなんて良くて当たり前です。クルマが売れない!とか言われてますが、クルマ欲しいという人は非常に多いですし、クルマを乗り換えたくてウズウズしているんです。要はどれだけ多くの一目惚れして脇目を振らずに買いにいく人を獲得できるかですよ。お金の使い道に賢くなりすぎて預金しか増えない・・・日本の懐事情です。給料安いと嘆いている若い女性でも、結構メルセデスやBMWを新車で買えるくらいは貯金してますよ〜。

  逆に第一印象がイマイチだと、やっぱり果てしなくダメですね。最近の例だと失礼ですが、アコード、ティアナ、レガシィあたりでしょうか。賢いユーザーに300万円払わせるという「覚悟」がデザインからは見られなかったです。もちろんドイツ車のセダンに比べれば割安で装備は充実してますよ!という主張はわからなくもないですが、ユーザーの感覚からするとそんな相対的な指標は何ら重要ではなく、300万円という絶対的な金額が全てなわけですよ。まずはセダンに乗りたい!!!と惹き込むことができるかどうかです。

  ちょっとやらしい話になりますが、300万円をそれほど負担感なく出せる身分の人にとっては、アコードもティアナもレガシィもやっぱり退屈なクルマでしょうね。そしてちょっとがんばって300万円!という人にとっては、どうも「がんばる」動機が見つけられません。これに対してスバルのレヴォーグも300万円を前後した価格設定ですが、コチラはあっさり売れましたし、現在も人気が継続中です。確かにデビュー時からカッコ良かった!!!街中でだいぶ見慣れてきた今でも「レヴォーグが通ります!」といったオーラが出てます。

  そんなレヴォーグの販売も2016年の後半以降はどのように推移していくのか興味深いです。秋にインプレッサが発売になって、その後にWRXと「セット」でレヴォーグの開発が進むとしたら、発売は2018年頃になりそうです。WRXもレヴォーグもインプレッサも現行モデルはNVHにおいてやや遅れをとっていて、いずれも試乗しましたが、スバル車に当たり前に期待される長距離ツアラーとしての適正がかなり低いことがわかってから、全く購入の対象にはなりませんでした(ウルサイし揺すられるとやっぱり長距離は疲れるよ〜・・・)。よって新型シャシーでは、その部分での大幅な向上が「約束」されているので、もしかしたら次は買うかも・・・とは思ってるんですけどね。

新型インプレッサ・特にセダンのデザインはいい!!!あとはNVHとハンドリングと2L&6MTですかね・・・。
デザイナーによる解説動画のリンクを付けておきます!!!


リンク
最新投稿まとめブログ
posted by のっち at 13:29| Comment(0) | インプレッサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

スバルは今でも・・・「日本の魁」だという考察

  (フランクリン)ルーズベルトは「日本人の侵略行動はおそらくその頭蓋骨が白人に比べて未発達であるせい」と言ったそうですが、・・・私のようなクルマ馬鹿には、この絶対に許されざる侮辱を前にして、「侵略」「未発達」からなぜか日本車が連想され、「頭蓋骨」はボンネットのダクトが丸見えのスバルのターボ車に対する隠喩のように思えてきました(バカですね・・・)。あまりにもラディカル過ぎる言葉に接したときに・・・ふと見逃していた物事の本質が見えてくることがあるな〜って感心してます。

  ソシュールは「言葉は認識のあとにくるのではなく、言葉があってはじめて事象が認識される」と定義したそうですが、「言葉」は確かに新たな考えを巡らす大きなきっかけになりますね。日本の軍国主義と対峙したアウトサイダーからの「日本人評」つまり「日本らしさ」という形容は、例え看過できない過激なものであっても、やはりその中に真実の断片がある!? とりあえずいくらかは尊重すべき「客観性」を備えていると思われます。そこから私の少々左巻きな思考は、申し訳ないくらいに短絡的に「スバル車」へと結びつきました。「スバルこそが日本らしさを備えたメーカー」という暗黙の了解の根底に潜む「何か」を見てしまったような収まりの悪さを感じています。

  そう感じてしまったのにはいささか伏線があったようで、去年の暮れに新型プリウスが登場して大ヒットしてますが、その設計の方向性が明らかに転換したことに対して、「日本車らしさがなくなった・・・」と書いている輩(プロライター)に少々憤慨してたからかと思います。それにしても「まじかー・・・」ですよね? あれだけ先代までのプリウスに対してケチョンケチョンに集中砲火を浴びせて、あげくの果てに「運転が絶対に好きにならないクルマ」とまで言い放った、現代の「ルーズベルトども」が何を今更のように開き直っているのか?って話です。 彼らの感性に限りなく近いところにいるトヨタの社長さんがかなり影響力を発揮したと思われる、トヨタの新型プラットフォーム(TNGA)に対して、その巧妙な乗り味に上手いコメントができないからって、そういう「落とし方」はないんじゃないですか?

  せっかく20年近く育ててきた「日本車らしさ」を持った伝統モデルだったのに〜・・・って半笑い気味で書いてやがりますよ。この際だから糾弾しましょう! N川とT平とM下のオヤジ3名ですよ・・・!。トヨタに対して失礼なだけでなく、他の日本メーカーに対しても「しょせんはドイツ車の下位互換」とタカをくくっているわけですから、これはいよいよ今年1年かけて「公開処刑」にするしかないですね・・・。このオッサン達は「スバル」あるいは「マツダ」という言葉から「欧州の猿真似」という100年以上も前から言われ続けてきた「日本の本質」を思考したつもりになっているようです。酷い話ですね。

   彼ら3人の連載はどうやら完全にマンネリ化していて、毎月集まって3人とも全く興味がない大衆車の「挙げ足」をとってユーザーを不快な気分に突き落としています(私のブログも同じようなものですが・・・)。あくまで「手抜き仕事」の果ての戯言ですから、別に激怒プンプン丸というほどではないですけどね。彼らが言うように「スバル」が猿真似だったら(プリウス以外は全て鹿鳴館だって!)、ドイツ南部のスイスに近い地域などで、スバルのAWD車が「指名買い」される理由がとりあえずわからなくなります。世界屈指の豪雪地帯を広く抱える日本だからこその・・・じゃないかと。

  「頭蓋骨」の話がどっか行ってしまいましたが、機能性が剥き出しのままのスバル・デザインいいですね。例えばメルセデスなどは最近ではターボ車ばかりになったこともあってフロントグリルの面積がどんどん広がって、それでももっと吸気したいようで、なんだかとてもスカスカに見えます。もはや「グリル」というよりもはや「鉄格子」ですね。カーメディアは誰もダサいって言わないですけど、クルマが本来持っている「塊」の雰囲気(特にメルセデスが大事にしてきた)を見事にぶっ壊していて、近作のメルセデスのデザインはどれもフロントデザインに綻びが見られます・・・デザイナーは悪くないと思いますけど。

  スバルのターボ車に開けられたボンネットのダクトには、多くの人が「ダセーからやめろ!」と苦言を呈しています。そもそも中型の量販車で300psを基準にする意味って何なんでしょうね? 150psの2L自然吸気というスペックでは何ら個性が発揮出来ずに市場の中で埋もれてしまうからか・・・勝手な想像ですけど、過去に2度ほど倒産の危機を乗り越えてきた富士重工(スバル)にとっては「スゴいクルマを作る!」という「功名心」を持つ事が暗黙の了解になっているのだと思います。スバルに限らずマツダや日産、ホンダにも言えることですが、「功名心」は時に破滅へとつながる可能性があります。別に「VW」が・・・というつもりはないですが(笑)。

  ルーズベルトが評した軍国主義の日本は・・・陸軍参謀の「功名心」からくる軍部の暴走を止めることが出来なかったと言われています。日本人って義理人情に厚くて、部下を可愛がる人が多いです。1931年の満州事変の参謀として成功を収めた板垣征四郎(A級戦犯)・石原莞爾に対して、1937年の盧溝橋事件の際に後輩の武藤章(A級戦犯)は「私にもチャンスを下さい!」と言ったとか・・・。レヴォーグが大成功を収めてプロジェクトゼネラルマネージャー(PGM)を務めた熊谷泰典氏に続け!とスバルは活気づいているかもしれないですが、「2代目レヴォーグ」・・・どうもイメージ湧きにくいですね。いかにも難しそうなミッションです・・・。帝国陸軍の基地航空隊が使用する戦闘機を作っていた中島飛行機をルーツに持つスバルですから、そんなことは百も承知だと思いますが・・・。


リンク
最新投稿まとめブログ


ラベル:レヴォーグ
posted by のっち at 23:10| Comment(0) | スバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。