2016年09月07日

スバルFAおよびFBエンジンの行方は?

 発売から4年が経過したトヨタ86(スバルBRZ)。いまでもコクピットに乗り込むと、エンジンを吹かすまでもなくこのクルマの存在意義がよくわかります。スポーツカーといってもフェアレディZやロードスターといった2シーターとはキャビンの雰囲気がだいぶ違いますね。タイトで圧迫感があるクルマの方が非日常でスパルタンなイメージが増幅されるのはよくわかりますけど、ロードカーとして一定の余裕があるのが嬉しい!!!って人も多いはずです。86/BRZは最近のクルマとしてはフォード・マスタングに近いです。けど決定的に違うのはマスタングとは比べものにならないほど座面が低いこと。Zの低さとマスタングのゆとりを持ち合わせるキャラクターってありそうでなかなか無いです。しかも300万円前後という価格ですから、これはもうオンリー1ですね。

  ただしアクセルを踏み込むと価格がリーズナブルな理由の説明が・・・。Zやマスタングのような街中では間違っても踏み切れないくらいの圧巻の駆動力には遠く及ばない細いトルク。普通車感覚で運転してみての、安易な結論としては車体がもう100~200kg軽ければ・・・なんでしょうけども、見方を変えればエンジンの美味しいところをいかに上手く使うか腕の見せ所かもしれません。3000rpmより上の領域になると右足が勝手に意志を持って控えちゃうようなエコが体に染み付いた最近のドライバーには不満が募るユニットではあります。

  スバルのFA20型は自然吸気2L水平4気筒。ボアとストロークが同じ「86」mmのスクエアエンジン。86設計時にトヨタから得た潤沢?な資金で、スバルは2Lエンジンを2種類同時に設計しました。一つはこのFA20で、もう一つはFB20といいます。水平対抗ながら時代の要請に応えてわずかながらロングストローク化されていて、いわゆる欧州メーカーが好む「低速トルク」型エンジンです。重いクルマをエコに走らせるならディーゼルなわけですが、ガソリンエンジンをディーゼルのような出力特性に仕上げています。

  FA20とFB20をそれぞれ自然吸気同士で比べると、スバルが2つのエンジンのキャラクターを大きく作りわけているのがよくわかります。実際に乗り比べるとなるとAWDでCVTのインプレッサやフォレスターと、RWDでAT/MTの86(BRZ)では条件があまりにも違うのですが、FB20の方が低速でのトルク感で浅いアクセルでもズンズン前に進みます。一方でFA20の86は回転数が上がるのを待つ「ラグ」が実感できます。どちらも惜しむべくは2L自然吸気の限界が割とあっさりと見えてきてしまうところでしょうか。出力の「底」ってのは見えた方がいいのか?見えない方がいいのか?これは意見が分かれるとは思いますが・・・。

  世界的に姿を消しつつあるといわれる「2L自然吸気」エンジン。直4の燃焼効率を考えると理想的な排気量とも言われていますが、どうやら「帯に短し襷に長し」で、フォードの2L直4(ジャガー、ランドローバー、ケータハム、ゼノスなど)を設計してその名を上げたマツダも国内向けのアクセラに関して2L自然吸気グレードを廃止してしまいました。さらにかつてはVテック搭載2L自然吸気で世界を制覇したホンダも国内モデルでは2L直4が次々と姿を消しています。残るはトヨタと日産の経年が相当な老兵エンジンがありますけども、HV化の前にシェアは右肩下がりになっています(ハイブリッド用エンジンとしては使われますが)。

  そんな市場環境の中で2L自然吸気を2系統も生産しているスバル。まだ開発してから4年程度ですからあと10年はこのエンジンを積み続けることになるようです。もちろんターボ化という道はありますが、どのブランドを見ても2Lターボはやや贅沢なユニットであり、最低でも400万円〜という価格設定が一般的です。全てのFA20、FB20搭載モデルが400万円以上の価格になったときに、果たしてスバルの商売は日本で成立するのでしょうか?

  ポルシェと同じボクサーエンジンを採用するスバルには、しばしばエンジン設計においていろいろな制約があるー・・・みたいなことをカーメディアがことさら大きく書くことがあります。別に空を飛ぶわけでもないし、300km/h出すわけでもないのに大袈裟じゃないか?と思います。70年以上前に中島(スバルの前身)のエンジンで軍用機が空飛び900km/h出していたわけですから、最新の技術をもってすれば、エンジンを相当レベルに小型化することだって十分に可能だろう・・・と想像できます。

  FB20とFB25ではストロークが90mmとなっていますが(FB25はショートストロークです)、前身のEJエンジンのストロークが79mmですから両端に伸びた2本分のストロークの延長分わずかに22mm・・・これだけしかない物理的な変化をことさら大きく騒ぐのがカーメディアという商売みたいです。縦置きボクサーだと両端がサスペンションの領域を奪ってしまう!!!だからスバルはストラットを選ばざるを得ない!!!トヨタや日産(の上級車)と違ってコストがかからないサスを使っている説明・・・というより方便じゃ?

  FA20およびFB20エンジンに関して、スバルと業界の動向とユーザー3者の間に相容れない「何か」が横たわったままに、86(BRZ)はヴァージョンチェンジが行われ、エンジン以外はフルアーマーといったBRZ・GTまで登場しました。新型インプレッサにもそのままFB20が上級グレードに使われます。レザーシートがついて250万円という価格には大いに頷けますし、先代モデルよりもずっと周囲の人に勧めやすいモデルなんだとは思いますけどねー。FA20の「BRZ・GT」とFB20の「インプレッサ2Lブラックレザー」・・・うーんやっぱりちょっと浮いてますよね。他のクルマと比較しづらい立ち位置にあります。けどこの2台を完全否定できるだけのクルマがどこにあるのか?と言われるとそれも疑問ですねー。

↓最新スペックのものが出てましたね。



  

  
posted by のっち at 13:02| Comment(0) | スバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。