2016年07月06日

レヴォーグSTI 登場で再び火種が・・・スバルはいつも市場をかき回す。

  北米フラッグシップの「レガシィ」ではなく、欧州戦略モデルへと矛先が変わった「レヴォーグ」に手を加えることで「世界の頂」を目指すみたいですね〜・・・。いよいよ発売された「レヴォーグSTI」の開発意図は、スバルとSTIが力を合わせれば、中型車における世界最高水準のクルマが十分に作れるポテンシャルを示すことにあるようです。

  あまりにもあっさりと北米を攻略してしまったスバル。気がつけば北米依存度が60%にまで達します。その中でも容赦なく進む次期大統領選挙。どんな巨大コンツェルンからもきっちりと「みかじめ料」を取るのが連邦政府ですから、高々売り上げ200億USドル足らずの日本のメーカーといえども、いつ君子豹変で締めあげられても不思議ではないです。中国政府もアメリカ政府も本質的にはやる事は同じ・・・この2つに相次いで凹られたVWはまったくご愁傷様でしたが、巨大市場に巣食う「ダニ」は、予想以上に危険な立ち位置にいることがここ数年ですっかり広まりました。

  しばしば「アメリカリスク(依存度)」が高過ぎるのでは?と言われていたスバル(群馬)とホンダ(埼玉)の北関東勢ですが、リスクヘッジの為に「国内回帰」を模索するような「日本向け」のツアラーやサルーンが相次いで登場しました。これはなかなかの好勝負では!?と予感するのが、「レヴォーグSTI」と「アコードHV(後期モデル)」です。どちらも400万円前後ですから、いきなり日本市場で大ヒットするとは考えにくいですけども、ドイツ勢からかなりのユーザーを奪ったとされるスカイラインやアテンザXDも同じくらいの価格帯だったことを考えると、予想外の市場のリアクションも期待できそうな気が。

  「BMWから客が奪えるクルマ」・・・いわゆるカーメディアやクルマ好きが日本メーカーに望んで止まないツアラー/サルーンタイプのクルマです。ここ数年のスバルやホンダはこの手のクルマと、「ツアラー」というジャンルへの執着がやや薄かったです。もちろんいろいろな事情があったわけで経営状況が許さなかったのだから仕方がないことです。BMWに乗り味で勝てるクルマを作ることの優先度は低かったようで、それを示すかのように、数年前に発売した両者がこだわりを主張する「WRX S4」と「アコードHV(前期モデル)」は大誤算といえるくらいの惨憺たる結果でした。

  2007年頃からの世界的な不況で、次々と経営が行き詰まっていった大衆ブランドでは、「撤退」もしくは大規模な収支の見直しによる「再建」が進みました。スバルやホンダが目指したのは、世界最大の北米市場へコミットして活路を見いだすことで、それをやり切るだけの目算もあったようです。その一方で欧州ブランド(VW、フィアット、プジョー、ルノーなど)の多くはアメリカ市場の競争の厳しさから次々と撤退を表明し、比較的に市場をコントロールしやすい欧州市場に加えて中国、東欧、ロシアといった新興市場を目指しました。

  日本市場では「北米を目指したクルマ」と「欧州で争うクルマ」がどちらも導入されて、入り組んだ状態で販売されています。カーメディアでは大衆ブランドのどんなクルマでもイチャモン付けられる運命にあるわけですが、北米向けなら「デカ過ぎ」、欧州向けなら「カタ過ぎ」とか言っておけばいい!みたいなやっつけ仕事が横行している感じで、レビューの質がどんどん低下しています(もともと質とか語るレベルですらないですけども)。

  スバルはまだしも、ホンダはなかなかひどい扱いだったりします。「北米向け=日本では悪」といった先入観があって、まあ現実問題として物理的に車体もエンジンも大きすぎるという難点が無いこともないですけど、カーメディアに指摘されなくても誰でもわかるレベルのことです。もちろんそういう車両でも快適に使えるインフラが整ってきている地域もたくさんあるわけで、すべてが世田谷区とか杉並区のクソ狭い路地を基準で語られてしまっては・・・。

  それでもスバルやホンダのアメリカ向けモデルは、一般的に「大味な乗り味」というのは一理あると思います。ペダルもハンドルもアメリカ人の好みなのか?だいぶ緩めです。ただしスバル、ホンダ、トヨタ、日産と北米にそれなりのシェアを持っている日本の4メーカーがアメリカ人の趣味を誤解している?という説もあります(アメリカ人はスポーティなモデルも好き!)。実際に日本のメーカーはつい最近まで、北米だけはサイズ違いで設計するというスタンスを採っていました。オデッセイ、アコード、アテンザなど先代までは全て北米向けはワンサイズ大きいものが用意されていました。FFでV6を積んでますから、まあハンドリングは推して知るべしです。

  「北米サイズ」で設計されたクルマを、「待ったなし」でいきなり日本に持ち込んだのがスバルで、先代のレガシィB4やアウトバックはかなりのヒンシュクを買いました。スバルが開けてしまったパンドラの箱。それからまもなくホンダもアコードが北米サイズとなりました。そしてマツダも1周り遅れでアテンザのサイズが統一されました。日産だけは今も律儀に日本向けティアナと北米向けアルティマを分けてますけども、トヨタもカムリはそのままのサイズで展開しています。この一連の「北米サルーン化」によって日本のセダンがやたらと退屈になったのは間違いないです。

  自動ブレーキが一気に普及するきっかけとなったアイサイトもそうでしたけど、スバルの決断は市場に大きな変化を与えることが多いようです。そしてそんなお騒がせなスバルが今度は、「打倒BMW」を声高に掲げています。その大本命はスバル期待の新型シャシーなんでしょうけども、それよりも一足早く現行レヴォーグをベースとして、上質な乗り味を追求したツアラーをカタログモデルとして出してきました。

  発売以来大ヒットで快走したものの、新型プリウスの登場で、さすがに「一息」な感じのあるレヴォーグの国内販売ですが、それをテコ入れするにしても小規模な仕様変更だけでは全く反応しない恐れも・・・。そこで大風呂敷を広げての「欧州プレミアム打倒宣言」としてのレヴォーグSTIの追加のようです。インプレッサ派生のワゴンですから、欧州車でいえばメガーヌエステートや308SW、ゴルフヴォアリアントが、「BMW3erツーリングを越える!」と意気込むみたいなものです。

  WRX S4もレヴォーグも足が固めなのが災いして、クルマの揺すられ感が結構エグかったです。AWD&LSDがいけないのか?水平対抗エンジンがいけないのか?それともCVTがいけないのか? パフォーマンスの高さはわかるけども、まだまだ改良の余地が目一杯ある!これが2014年段階での印象です。とても「高級」とは言えない乗り味でした。430万円(S4)の見積もりはまだまだ値引きの余地がありそうでしたが、ルノー・メガーヌエステートGT(350万円)と同等まで下げてくれないと選ぶ理由がないな〜・・・。

  あれから2年経って年次改良も今回で2回目になりますから、おおよその欠点にはフォローがされているのでしょう。あのレヴォーグやS4の走りを洗練させていけば、アウディA4やBMW3erくらいにはなるかな? しかしBMWも小刻みな仕様変更をしていて、もう5年目になるF30系3erもまた進化していますから、果たしてレヴォーグSTIは狙い通りの「下剋上」を果たすのでしょうか!?それともホンダ・アコードHV(改良)が一気に大外からまくってくるのか!カーメディアに頼らずに試乗して白黒ハッキリさせてみたいなと思います。


「レヴォーグSTI試乗インプレ」

リンク
「最新投稿まとめブログ」




posted by のっち at 00:49| Comment(0) | レヴォーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

レヴォーグSTIで始まる「誰でも楽しめるコンプリートカー」路線はいかに・・・・

  「スバル買うならSTIモデル!?」・・・クルマ好きにとっては無意識の内に刷り込まれていたことですが(洗脳!?)、これが今のスバルにおいては、なんと!一般ユーザーとの間に大きな認識の違いをもたらしてしまいます。「STIモデルに乗りたいからスバルを選ぶ」これが程度の差こそあれスバル党の「本懐」だったはずですが、いまではスバルのお客として大きく幅を利かせているのは「STIじゃない方」を選ぶ人々・・・。なんで!?それはSTIモデルだとアレが付けられないから!!!

  ちょっと当たり前の話をしますが、「STI」とは大手メーカーならどこでも1つや2つは抱えている「系列チューナー」です。トヨタだと「TRD」、日産だと「NISMO」、マツダだと「MS」、ホンダだと「無限ホンダ」、三菱だと「ラリーアート」などなど。その中ではスバルの「STI」が最も存在感の際立った活動を続けてきました。その甲斐あってファンも最も多く「STI」チューンのコンプリートカーは、商談期間が始まると瞬く間に売り切れてしまなど、欲しくてお金があってもなかなか購入できない事態が続いています。

  「STI」はブランド力を高めたいというスバルのインセンティブと、ユーザーの価値あるクルマを所有したいという物欲を見事に両立させる画期的な存在です。トヨタもその辺の旨味がよくわかっているようで、「G’s」というコンプリートチューナーを熱心にプロモーションしています(カネかかってます!!!)。STIとはそもそもの成り立ちが「完全に別路線」ながらも、トヨタ車をよりコアなユーザー層(クルマ好き)へと届けるミッションを粛々と遂行しているようです。これによって発売から10年経過の現行マークXの販売が上向いたり、アクアやヴォクシーの販売テコ入れにも役立っているのだとか。

  「要は『AMG』とか『M』とかいったポジションを低予算で目指しているんでしょ!」などと、輸入車大好きな連中からは、その狙いが見透かされているようですが、それを言ったら、メルセデスもBMWもボルボ(ポールスター!)も『チューンド・バイ・〇〇』といった小手先の専用パーツによるマメ・チューンをたくさん企画していたりしますけどね・・・。確かに専用ファクトリーでの手組みエンジン搭載車にだけ与えられる『AMG』の称号は別格!の響きがありますし、高剛性ボデーのBMW車に専用エンジンとデフチューンを施して、そのポテンシャルを高めた理想のコンプリートカーと作る『M』も重みがあります。

  それに対して『STI』はどうか?・・・レヴォーグSTIのプロモーション動画で熊谷さんがメディアの質問(『AMG』や『M』の領域を目指すのか?)に少々戸惑いながらも返答していましたが・・・、あそこではぜひガツンと言ってほしかったですね。「スバルはベース車がすでにAWDだ!!!最初から世界ナンバー1の優秀なトラクションシステムが付いているんだ!!!(MBやBMWのベース車みたいな『丸腰』ではないんだ!!!) 搭載されているエンジンも他社とは違う走行特性を持った水平対抗だ!!!わざわざ味付けしなくてもファンは世界中にたくさん居る!!!つまりわれわれはAWDのポルシェだ!!!『AMG』や『M』みたいな次元の話ではない!!!『STI』が目指すのは『RUF』だ!!!(わかったかクソメディア!!!)」と・・・。

 熊谷さんのインタビュー動画のリンクです!!!

  つまりスバル車はベースの段階でかなりのオーバースペックなのですが・・・。とはいえSTIの新しい展開では、冒頭に触れたように新しいスバルのアイコンといっていい「アイサイト」との親和性(両立)を考えているようです。CVT車による「STI」の展開は、やはりイメージが壊れかねない転換点だと言えます。それはMBやBMWが「直4ターボ」主体になったとか、「FF車の展開」を始めたとか、それくらいの大きな「事件」性を孕んでいます。

  「時代の流れ」といったらそれまでなのですけども、高級車=ハイスペックという潮流にどのメーカーも逆らえないままに、300ps台→400ps台→500ps台とパソコンのHDのようにスペックが引き上げられていきます。500ps時代に突入したらもはや「MT」にこだわるなんてちょっとナンセンスです。そのうちにダミーの3ペダルなんていう「茶番」が登場しそうな感じです。いや、高度な運転支援システムが構築されていて、超高速で旋回中のクラッチ制御によるトルクの変化を抑えるシステムなども実用化されているので、すでに「茶番」は始まっていますね・・・。

  MT車にこだわるのはもはや戦略的に不可能!!!ということで、「STI」の看板を使っていよいよ2ペダル車をブランディングする「フェーズ」が始まるようですが、来年の今頃にはその企画の成否がハッキリしているのではないかと思われます。レヴォーグSTIで見せるという、スタビリティの更なる向上と、「WRX S4」がイマイチ未達成だった、乗り心地の「高級化」に本気で挑むと宣言しておられますが・・・果たしてどうなるでしょうか。なかなか見所の多いこれからの1年になりそうな予感です。


リンク
「最新投稿まとめブログ」

  



posted by のっち at 10:37| Comment(0) | レヴォーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

レヴォーグ・STI ですか?う〜ん。


レヴォーグSTIコンセプトの動画

  東京オートサロン発信となったレヴォーグの「STI」モデルですが、いよいよ7月頃にはラインナップされるようです。今のところは台数限定などということは無いようですが、昨年のS207の驚異的な売れ行きを考えたら、レヴォーグSTIも例えば限定500台で500万円だとしても即日完売してしまいそうです。スバルもその辺に旨味を感じているなら、もしかしたら・・・の可能性はあります。現状の生産工場フル稼働状態ではスバルにとって「薄利多売」をする意味などは経営上全くメリットはないでしょうから、スバルの14%とも言われる驚異的な利益率を確実に上回ってくる価格設定にはなりそうです。

  バカ売れすると困るから適当に儲かる価格を付けておこう!?S207の600万円(付属品みれば納得らしいですが)にもビックリでしたけど・・・。そもそもこのレヴォーグというクルマが、日本人ユーザーのクルマの購入の際にかなり強く意識するという「格」を表現したクルマなので、ある程度の「価格」で箔を付けてくれた方がユーザーにとってもありがたい部分はあるのでしょうけども・・・。かなりの偏見ですがレヴォーグユーザーはプチセレブな感じです。

  スバルHPの特設サイトでは、熊谷さんなど関係する開発メンバーが「レヴォーグSTI」の仕上がりについて熱く語ってます。・・・私の頭が悪過ぎるからでしょうか?彼らが何を言っているのか全くわかりません!!!何がどう良くなるのか?全くわかりません!!!「レヴォーグSTI」はどうやらスポーティではなく、STIチューンを通じて走りの質感のアップを狙ったとのことらしいですけども・・・失礼を承知でいいますが、BMWもポルシェもマツダも決して「質感の向上」なんて安易な表現は使わないと思いますよ!!!

  従来のクルマがある種の理想だったという前提で、「あまりにハンドリングが良過ぎて運転しにくい!!」という意見を受けてBMWはE90系から「直線番長」あるいはGTカー的な味付けに変わりましたし、マツダも「スカイアクティブ」になってハンドリングを意図的に鈍らせたりしているのがわかります。・・・有名ブランドはどこも円熟期に入っているのか、今更に「質感の向上」なんて掲げることは少なく、もっぱら「方針転換」を主旨とした進化を遂げてますが、それに対して「質」にこだわるスバルの気張り方にやや違和感を感じました。

  スバル車は低μ路での旋回ブレーキテストで、BMW、VW、アウディを完全にカス扱いするくらいの図抜けた性能を持ち合わせています。これだけの機動性の高さを持っていてもさらに「上質な走り」を追求しているというポーズを見せることに、一体どんな意図があるのだろうか?・・・スバルが考えるブランド戦略が孕んでいる「矛盾」がちらほらと見える気がするんです。私の勘違いも往々に含まれているとは思いますが・・・。

  さてそろそろ単刀直入に切り込もうと思いますが、「スポーツじゃないSTIって何?」ってことです。もしスバルがレヴォーグの販売テコ入れと単価の向上のために「STI」を使うっていうなら、それはファンが悲しむことになるんじゃないですかね。「STI」をサイドネーム的に付加させることで、Cワゴン、3erツーリング、A4アバントと同等のいわゆる「プレミアム」になることを意図しているならば、もっと視野を広げたほうがいいように思います。果たしてこの3台は現在のトレンドの中で上昇傾向にあるでしょうか?

  開発陣の言葉を真摯に受け止めたいのですが、その裏で「アイサイト縛り」でミッション(CVT)もエンジンもブレーキも全く弄れません!!!というお手上げ状態なのがわかっているので・・・ちょっと冷ややかになってしまいます。「ハード」面は何も変えることができないけれども、「力強さ」のイメージと「安全面」に配慮した設計でさらに「尊敬される」クルマをつくりたい。・・・いやいやもう十分に「尊敬」に値するクルマが作れてますよ。

  ただし身近な日本メーカーの中で「日産」と「マツダ」から発売されている、なかなか強力な「中型車」と比較してしまうと、スバルの「根本」的な弱点が明らかになります。レヴォーグ、S4、レガシィではどうしてもスカイラインやアテンザの乗り味の「魅力」に負けます。ただしこれは「質的向上」でどうなるレベルではないと思います。「根本」を変えない限りはこの評価を覆すことはできないです。それはなにか?もちろん・・・AWDとCVTですね。

  日産とマツダは、駆動方式とミッションに関してはある程度柔軟な姿勢を採ってますが、それに比べてスバルはあまりにもストイックに感じます。相当にコアなファンでもその固執の意味がよくわかってないんじゃないですか? もちろん良い点もたくさんあります。日産やマツダよりも絶対的に「姿勢制御」に優れています。しばしば鉄壁の機械制御とか言われているみたいですが、「滑らせない&トラクション」という意味では世界一だと思いますよ。

  惜しいなと思うのが、例の「縛り」のせいか自慢のボクサーエンジンのバリエーションがなかなか増やせないところでしょうか。XVとインプレッサに搭載されている自社開発のHVをさらに大胆に改良して、ホンダの新型NSXを脅かすくらいの出色のユニットに仕上げて、それを「レヴォーグSTI」に組み込むくらいの迫力ある展開が欲しいんですよ!!!

  スバルの前身の中島飛行機は、太平洋戦争で旧陸・海軍の戦闘機向け高性能エンジンの開発を手掛けました。当時すでにアメリカではフォードが自動車を大量生産していたわけですから、エンジン技術の基本が違いすぎていて、大戦初期に活躍した零戦(中島「栄」エンジン940ps)よりも100km/h以上速い最高速を誇る2000ps級のP51マスタングやF4Uコルセア(P51は英ロールスロイスのライセンスエンジン)に対して劣勢でした。

  大戦末期には中島の開発した2000ps級の「誉」エンジンが投入され、米海軍機の主力だったヘルキャット(F6F)を軽くブッチ切る偵察機「彩雲」や、旧帝兵器マニアが必ずといっていいほど持ち出す「紫電改」「疾風」などの高性能機が作られました。P51や英機スピットファイアの「ロールスロイス・マーリン」や独機メッサーシュミットの「ダイムラーベンツ・DB605」と世界の頂点を争った「中島・誉」・・・スバルにはそのDNAの継承を期待したいわけです。


リンク
最新投稿まとめブログ


タグ:レヴォーグ
posted by のっち at 03:43| Comment(0) | レヴォーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする