2016年04月08日

スバルは今でも・・・「日本の魁」だという考察

  (フランクリン)ルーズベルトは「日本人の侵略行動はおそらくその頭蓋骨が白人に比べて未発達であるせい」と言ったそうですが、・・・私のようなクルマ馬鹿には、この絶対に許されざる侮辱を前にして、「侵略」「未発達」からなぜか日本車が連想され、「頭蓋骨」はボンネットのダクトが丸見えのスバルのターボ車に対する隠喩のように思えてきました(バカですね・・・)。あまりにもラディカル過ぎる言葉に接したときに・・・ふと見逃していた物事の本質が見えてくることがあるな〜って感心してます。

  ソシュールは「言葉は認識のあとにくるのではなく、言葉があってはじめて事象が認識される」と定義したそうですが、「言葉」は確かに新たな考えを巡らす大きなきっかけになりますね。日本の軍国主義と対峙したアウトサイダーからの「日本人評」つまり「日本らしさ」という形容は、例え看過できない過激なものであっても、やはりその中に真実の断片がある!? とりあえずいくらかは尊重すべき「客観性」を備えていると思われます。そこから私の少々左巻きな思考は、申し訳ないくらいに短絡的に「スバル車」へと結びつきました。「スバルこそが日本らしさを備えたメーカー」という暗黙の了解の根底に潜む「何か」を見てしまったような収まりの悪さを感じています。

  そう感じてしまったのにはいささか伏線があったようで、去年の暮れに新型プリウスが登場して大ヒットしてますが、その設計の方向性が明らかに転換したことに対して、「日本車らしさがなくなった・・・」と書いている輩(プロライター)に少々憤慨してたからかと思います。それにしても「まじかー・・・」ですよね? あれだけ先代までのプリウスに対してケチョンケチョンに集中砲火を浴びせて、あげくの果てに「運転が絶対に好きにならないクルマ」とまで言い放った、現代の「ルーズベルトども」が何を今更のように開き直っているのか?って話です。 彼らの感性に限りなく近いところにいるトヨタの社長さんがかなり影響力を発揮したと思われる、トヨタの新型プラットフォーム(TNGA)に対して、その巧妙な乗り味に上手いコメントができないからって、そういう「落とし方」はないんじゃないですか?

  せっかく20年近く育ててきた「日本車らしさ」を持った伝統モデルだったのに〜・・・って半笑い気味で書いてやがりますよ。この際だから糾弾しましょう! N川とT平とM下のオヤジ3名ですよ・・・!。トヨタに対して失礼なだけでなく、他の日本メーカーに対しても「しょせんはドイツ車の下位互換」とタカをくくっているわけですから、これはいよいよ今年1年かけて「公開処刑」にするしかないですね・・・。このオッサン達は「スバル」あるいは「マツダ」という言葉から「欧州の猿真似」という100年以上も前から言われ続けてきた「日本の本質」を思考したつもりになっているようです。酷い話ですね。

   彼ら3人の連載はどうやら完全にマンネリ化していて、毎月集まって3人とも全く興味がない大衆車の「挙げ足」をとってユーザーを不快な気分に突き落としています(私のブログも同じようなものですが・・・)。あくまで「手抜き仕事」の果ての戯言ですから、別に激怒プンプン丸というほどではないですけどね。彼らが言うように「スバル」が猿真似だったら(プリウス以外は全て鹿鳴館だって!)、ドイツ南部のスイスに近い地域などで、スバルのAWD車が「指名買い」される理由がとりあえずわからなくなります。世界屈指の豪雪地帯を広く抱える日本だからこその・・・じゃないかと。

  「頭蓋骨」の話がどっか行ってしまいましたが、機能性が剥き出しのままのスバル・デザインいいですね。例えばメルセデスなどは最近ではターボ車ばかりになったこともあってフロントグリルの面積がどんどん広がって、それでももっと吸気したいようで、なんだかとてもスカスカに見えます。もはや「グリル」というよりもはや「鉄格子」ですね。カーメディアは誰もダサいって言わないですけど、クルマが本来持っている「塊」の雰囲気(特にメルセデスが大事にしてきた)を見事にぶっ壊していて、近作のメルセデスのデザインはどれもフロントデザインに綻びが見られます・・・デザイナーは悪くないと思いますけど。

  スバルのターボ車に開けられたボンネットのダクトには、多くの人が「ダセーからやめろ!」と苦言を呈しています。そもそも中型の量販車で300psを基準にする意味って何なんでしょうね? 150psの2L自然吸気というスペックでは何ら個性が発揮出来ずに市場の中で埋もれてしまうからか・・・勝手な想像ですけど、過去に2度ほど倒産の危機を乗り越えてきた富士重工(スバル)にとっては「スゴいクルマを作る!」という「功名心」を持つ事が暗黙の了解になっているのだと思います。スバルに限らずマツダや日産、ホンダにも言えることですが、「功名心」は時に破滅へとつながる可能性があります。別に「VW」が・・・というつもりはないですが(笑)。

  ルーズベルトが評した軍国主義の日本は・・・陸軍参謀の「功名心」からくる軍部の暴走を止めることが出来なかったと言われています。日本人って義理人情に厚くて、部下を可愛がる人が多いです。1931年の満州事変の参謀として成功を収めた板垣征四郎(A級戦犯)・石原莞爾に対して、1937年の盧溝橋事件の際に後輩の武藤章(A級戦犯)は「私にもチャンスを下さい!」と言ったとか・・・。レヴォーグが大成功を収めてプロジェクトゼネラルマネージャー(PGM)を務めた熊谷泰典氏に続け!とスバルは活気づいているかもしれないですが、「2代目レヴォーグ」・・・どうもイメージ湧きにくいですね。いかにも難しそうなミッションです・・・。帝国陸軍の基地航空隊が使用する戦闘機を作っていた中島飛行機をルーツに持つスバルですから、そんなことは百も承知だと思いますが・・・。


リンク
最新投稿まとめブログ


ラベル:レヴォーグ
posted by のっち at 23:10| Comment(0) | スバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

レヴォーグの特別仕様車「S-style」・・・300万円ポッキリでベストな選択肢か!?

  スバル車の魅力を一言で語るとすれば「さりげなく」ですよね!? 近頃ではM社を筆頭にT社もH社もN社も国産車の花形モデルはひたすらに「デコる」のが流行りになっていて、どれもこれもノーズが長くて、サイドにラインをうねらせればそれで「グッドルッキン」だと勘違いしてやがる!もう最悪だ!と福野大先生が「MFI」の看板コーナーで怒りを露にされてました。もちろん特定メーカーを名指ししているわけではないですが、確かに日本メーカーの多くが該当します。さらにドイツの名門「M」ブランドもかなりこの傾向がつよい気がします・・・。超一流の評論家にそこまでいわれると、そういうデザインを街中で見かけるたびにバカっぽいと感じてしまいます。

  それとはほぼ対極に位置する?「自然体」デザインを標榜しているブランドとして、スバル、ボルボそしてアウディなどがありますが、ちょっと奥ゆかしいイメージがあるブランドは例外なく高価格帯のモデルが苦戦しています(スバルS207やアウディR8は例外)。「自然体デザイン」に「ごくごく平凡なスペック」のモデルなのにスバルで400万円あるいはボルボ、アウディで600万円なんて価格が付けられてますが・・・これはユーザーにとってはとても悩ましいところです。

  端正な顔つきに加えて、サイドのシルエットもワゴンとしては「世界最良」といえるぐらいに優美で知的・・・レヴォーグはいいですね。このクルマはスバルが完全に一皮むけたぞ!と感じさせてくれる「何か」があります。「華」があるのですが、「鼻」につくわけでなく、「さりげなく」を見事に体現しています。1989年に登場してすぐさまスバルの看板モデルに成長した「レガシィ・ステーションワゴン」シリーズを、再び現代風にリファインして2014年の初頭に登場しました。それに先立つ2013年の東京MSでプロトモデルが公開されて、スバルブース新型モデル「4er」が展示された隣接するBMWブースよりも圧倒的な盛り上がりでした。

  スバルがBMWを越えた!というより、BMWのブームが去った・・・が適切なんでしょうけど、スバルブースに集った熱烈ファンの顔ぶれを見た限りではなかなか若い!ダンスフロアの演出に、見渡す限りクルマ好きな輩がぎっしりで熱気が凄かった・・・・お目当てのクルマは遠くからでも見えるようにクレーンアームに乗せられてました。メーカー側も客が殺到するのを事前に掴んでいての舞台装置だったのでしょう・・・ということはフロアで踊り狂っていた輩はみんな「サクラ」だったのか?

  その一方で昭和な展示でまったくパッとしない側面しか見られなかったのが日産ブースのスカイラインのプロトでした。側面ウインドーがそんなに大きかったら「高級車」のイメージは半減だな〜・・・と失望したのを覚えています。観客もまばらでとても見やすかった・・・。実際に乗ってみるとスカイラインの方がワンランクもツーランクも上で非常に質の高い乗り味なんですけども、「時代は完全にレヴォーグ」BMW4er、レクサスRC、スカイラインを押し退けて主役の座についてました。正確に言うとホンダS660というもう一方のスター候補の展示も大熱狂でしたが・・・。

  その熱狂が示す通りにレヴォーグは発売以来よく売れました。その一方で福野さんが懸念していたように、デザイナーが暴走したわけではないでしょうが、ブランドの方向性?かRC、4er、スカイラインは見れば見るほどに腑に落ちないですし、もちろん価格もレヴォーグとはかなり違っていることもありますが、クルマ雑誌が煽るような「激戦区」などではなく、全く販売が伸びない「谷間」の市場になってます。マセラティ・ギブリやポルシェ・マカンがそこそこ好調なことを考えたら「やられた」感があるかも。

  レヴォーグによってマーケティングによる完全勝利を遂げたスバルですが、熱狂が一段落したところで「新プラットフォーム」を発表して次世代製品群への期待を煽る「ティザー戦略」を発動しています。それと同時にそれならば次を待とうか・・・という潜在ユーザーの心を揺さぶるかのように昨年の12月に3車種同時に特別仕様車が発表されました。レヴォーグに追加されたのが「S-style」というグレードで、1.6Lターボ車にレザーシート付けて291万円!アドバンスセーフティパッケージが付いて302万円。プリウスをレザーシートのプレミアムバージョンで買うよりはるかに安いし、アテンザワゴンにレザーシートを選ぶにしても最も安くて317万円〜ですから、なんとも絶妙な価格設定になってます。ちなみに従来の1.6Lターボのセーフティパッケージにレザーシートのセットオプション(30万円)を組むと330万円!やはり「S-style」はかなりお買い得です。それにしてもプリウスやアテンザなどライバル関係をかなり意識していることを伺わせます。

  トヨタ、ホンダ、スズキが競争を繰り広げる実用&低価格なファミリーユース車には見向きもしないけど、レクサス、メルセデス、BMW、ジャガーなどによる「ガチ・プレミアム」に手を出すのはお金が勿体ない・・・そんなジレンマを抱えたユーザ層が、マツダ・スバル・ルノー・ジープなどに触手を伸ばしているようで、前年実績を上回るブランドがそこそこ出てきています。その市場に「走り」と「質感」がかなり良くなった4代目プリウスが殴り込みをかけてきて、スバルも慌てての「特別グレードの設定」になったようです。

  ファミリーカーなのに300万円前後の強気な「スパーダ」シリーズを投入した、ホンダのステップワゴンがまさかの大炎上・・・。しかし400万円の力作「オデッセイHVアブソルート」は受注が殺到。ホンダも車種ごとに販売が大きく偏っているようで、社内の開発者も「当たり」車種の担当になるかどうかで出世に大きく影響するのかな? BMWの1er&2erもそうですが直3ターボ(軽自動車か?)で300万円台のマツダ・スバルに対抗するのは無理ゲーじゃないかと・・・。ルノー日産のように欧州は直3、日本は直4と丁寧に作り分けるくらいの配慮がないとユーザーは納得しないですよ。それでもカーメディアは日産を非難し、BMWを絶賛するからややこしいのですが・・・。

  さて「プレミアム・プリウス・クラス」こと300万円商戦は、2016年という増税前にどういう展開を見せるのでしょうか? 確実に消費税10%に間に合わないであろう次期レヴォーグは待たないで、この「Sスタイル」という選択もアリかもしれません。新シャシーを使う次期インプレッサを試してみてから決める!という現実路線だと「Sスタイル」は見送りになりそうですね・・・新シャシーはおそらく相当に具合が良さそうですから。


リンク
最新投稿まとめブログ
  


ラベル:レヴォーグ
posted by のっち at 14:48| Comment(0) | レヴォーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

スバル と BMW

 スバル・インプレッサの次期モデルのコンセプトカーが、東京・デトロイト・ジュネーブのそれぞれのオートサロンで披露されました。G4(セダン)・スポーツ(ハッチバック)・XV(クロスオーバー)の3つのボデータイプが主戦場となる場所でそれぞれワールドプレミアされていて、なんとも明快で意図的な新型モデルの公開だったと思います。そして北米モデルがいち早くニューヨークMSで発表されました。なんじゃこりゃ、G4のエクステリアは何も変わってないような気がしますけど。米国向けのレガシィで生産能力は手一杯だそうですから、インプレッサの拡販に撃って出るという気概はそれほどないようですね。どう考えても勝負を賭けるデザインではないです。

  アメリカでは「スモールカー」として男が乗るクルマじゃない!と蔑まれていたCセグでしたが、カローラやシビックのセダンがボディを拡大しつつも1モデルで月間2万台を売るほどになってきました。しかしまだまだ男性はピックアップか大型SUV、女性はスモールカーという線引きはあるようですが・・・。スバルとしては「アウトバック」のユーザーが「XV」や「G4」に流れることはアメリカでは少ないと見ているのかもしれません。火事場泥棒みたいですが、販売が落ち込んでいるVWジェッタからこぼれたシェアは狙ってるでしょうけども。

  英国でも販売されるようになったレヴォーグですが、こちらはコアなGTユーザー層に好評なようですね。「世界が日本に嫉妬する」という自信過剰気味!?な自社製のコピーも面目躍如といったところでしょうか。スバルは欧州ではべらぼうな高価格でAWD車を販売していて、1.6L自然吸気のインプレッサ(AWD)が2万5000ユーロ(300万円)しますが、それでも買う人は一定割合いる!多く見かけるのは、スイスに近くて降雪も多いドイツ南部だそうです。生活必需品としてスバルのAWDが選ばれているからこその、「特権価格」なんでしょうね。救急車が1台3000万円するのと同じ理屈?日本市場ではもっともリーズナブルなCセグなのに、欧州ではボッタクリ価格・・・。メルセデスやBMWの日本価格の方が良心的かも。

  さて新型インプレッサですが、新しいプラットフォームに加えて、今回からトヨタ製のハイブリッドユニットを使うことも発表(リーク?)されたようです。すでにインプレッサ派生のレヴォーグでもVWのMQBやマツダのスカイアクティブと渡り合うに十分な実力を持ちつつも、さらなるレベルアップを目指した「スバルグローバルプラットフォーム」に信頼性で他を凌駕する「トヨタ製ハイブリッド」搭載は、まさに「鬼に金棒」です。インプレッサが「日本のゴルフ」として今度こそは新しい「国民車」になれるのでしょうか? ただしTNGAで走りの質が高まったプリウスも評価を一気に高めましたし、近年不調だったカローラも息を吹き返しました。

  メーカー内に2つ以上あったプラットフォームを可能な限り1つに集約し、そこに限りある資本の大部分を投下することで、世界最高水準のクルマ作りを維持する・・・これがスモール(C)〜ミドル(D)を主戦場とするメーカー、スバルやマツダの生き残る唯一の道だとされています。そんな中でBセグ以下をバッサリ切り捨てたスバルにとって、新型プラットフォームが目指す性能(ベンチマーク)は、すでに開発から10年が経つBMWのFRの下位プラットフォーム(L7)だと思われます。

  BMWのL7プラットフォームは1〜4シリーズ、X1、3、4のFR車で共通に使われるシャシーです。いまだにカーメディアではハッキリとした評価が出してはいません。CDセグの水準を考えたらかなり優良なシャシーだという評価がある一方で、DEセグ単位でプラットフォームを構築するレクサスや日産と比べて基本性能が見劣りするという意見もあります。アウディ、メルセデス、ジャガーさらにアルファロメオもDEセグ単位のプラットフォームになっている中で・・・BMWだけが取り残されている格好です。ただし新たなプレミアム戦略を標榜するホンダ、マツダ、スバルが新たにCDセグ単位でのプラットフォームを投入しています。

  DEセグ単位のシャシーを使うクルマはフロントサスペンションの形状を見ればすぐに判別できます。レクサスIS、スカイライン、アウディA4、Cクラス、ジャガーXE、ジュリアはいずれもダブルウィッシュボーン(DWB)です。BMWもEFセグを担当するL6プラットフォームではDWBです。しっとりとした乗り味の高級サルーンを作るならやはりDWBを使うべきだな〜・・・と勝手に思っているんですが、サスペンション形式ではあまり変わりがないという説が、ポルシェ、BMW、スバルの信者などから流布されていて、主張するとしばしば否定されます。個人的な経験では高級サルーンとして納得の乗り味を出していたクルマはことごとくDWBを使ってましたね。スバルやBMWに乗った時に気になるのが前輪からのショックでフロントが不必要に揺すられるところだったりするのですが、これも「スポーティなアシ」だからと肯定的な理由で抹殺されます。

  たしかにBMWは「走りの注文」ができるという、プレミアムブランドでは定番となった販売手法を広めた第一人者です。各モデルには「Mスポ」という50万円ほど高いグレードが用意されます。どうせちょっとした差なんでしょ?と思って乗ってみると、笑っちゃうくらいに大きく違う乗り味です・・・。Mスポと非Mスポでは全く別のクルマと言っていいくらい! Mスポは良くも悪くもラディカルですね、トヨタ車ばかりに親しんできた人には「これ壊れてる?」って思うくらいに入力にビックリします。助手席に乗っていて悪路に入ったら腰を浮かせたくなるくらいにコツコツきます。

  「BMWがストラットなんだから!」という理由かどうかわかりませんが、マツダのスカイアクティブシャシーはストラットが採用されました。スバルは先代からストラットです。マツダはかなり露骨に足回りを柔らかくセッティングするようになりました。当然に先代までのマツダと比べて旋回時の反応遅れも感じますけども、全体的には高い操舵性を維持したハンドリングになっていると思います。以前はFF車にもかかわらずBMWと比べても遜色ないズバっというキレの操舵でしたが、スカイアクティブとなった現在ではBMWのFRを生かした爽やかなハンドリングに対して、ちょっとズブさが気になることもあります。電動ステアリングがずっしりしたせいもあるかもしれません。FFがストラットにしたらFRには勝てないのかな?という気が・・・。

  スバルの場合はAWDが基本なので、ハンドリングのキレ勝負では最初から不利です。ちょっと悪口みたいになっちゃいますけど、手軽に高性能車を操る歓びみたいなコンセプトの「WRX S4」は乗り味で比較されるとかなりキツいと思います。発売当初からダンパーを2種類用意してグレード分けをするなど、ドライビングカーとして鍛え抜かれた設計を予感させてくれますが、現実は多くの人を「これぜったいに買う!」という気持ちさせられるクルマにはなってないです。

  新しいプラットフォームになってインプレッサで不具合を調整しながら、レガシィやフォレスターへと派生させていくことになるのでしょうけども、このプラットフォームからどんな「競争力のある」クルマが出てくるのでしょうか? @乗用車の域を越えたAWDの爆発的な走行性能を誇るスポーティカー Aあらゆるシチュエーションで使えて、運転が楽しく、経済的負担も少ない手軽なプライベートカー  の2つは順当でいいですけども、「WRX S4」が標榜する「スポーティプレミアムセダン」のコンセプトが具現化することはあるんでしょうか? マツダのアテンザも同じ事が言えそうです。マツダとスバルはFFベースでBMWの下位プラットフォームと同等の設計から、競争力のある「プレミアムセダン」が出来ると本気で思っているのでしょうか?


リンク
最新投稿まとめブログ


posted by のっち at 23:21| Comment(0) | スバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。